*Starry Sky*

ポケモン構築とか

第5回背伸びオフ使用構築 - カバガルレヒレ

≪初めに≫

今回は第5回背伸びオフに参加して来たのでそこで使用した構築を紹介しようと思います。

約1年ぶりの対戦オフへの参加で緊張しましたがとても楽しかったです。

 

≪結果≫

予選ブロック:5勝2敗 - 2位抜け

決勝トナメ:4勝0敗 - 優勝

 

≪構築経緯≫

相手のボーマンダを意識してf:id:kazakuti:20180324224422p:plainf:id:kazakuti:20180324224428p:plainから構築をスタート。

f:id:kazakuti:20180324224535p:plainf:id:kazakuti:20180324224546p:plainf:id:kazakuti:20180324224606p:plainf:id:kazakuti:20180324224625p:plainで試運転。

相手の水タイプに対して受けれないことに動かしにくさを感じたのでf:id:kazakuti:20180324224535p:plainf:id:kazakuti:20180324224841p:plainに。

カバルドンに役割集中をされることが多かったので役割の薄かったf:id:kazakuti:20180324224606p:plainf:id:kazakuti:20170421195742p:plainに。

そしてリザYの処理ルートが限られていたのでスカーフ枠のf:id:kazakuti:20170427201134p:plainf:id:kazakuti:20180324225208p:plainに。

(f:id:kazakuti:20180324224422p:plainf:id:kazakuti:20180324224428p:plainf:id:kazakuti:20180324224841p:plainf:id:kazakuti:20180324224625p:plainf:id:kazakuti:20170421195742p:plainf:id:kazakuti:20180324225208p:plain)
S8はここで構築を完成として回していましたがガルーラに冷凍パンチを入れた方が運勝ちも狙えて総合的に勝率が高くなると思ったのでオフ直前に炎のパンチから変更。

炎打点を減らしたことでナットレイなどで詰むことが多くなったのでf:id:kazakuti:20180324224625p:plainf:id:kazakuti:20180324224546p:plainにして今回の構築が完成しました。

(f:id:kazakuti:20180324224422p:plainf:id:kazakuti:20180324224428p:plainf:id:kazakuti:20180324224841p:plainf:id:kazakuti:20180324224546p:plainf:id:kazakuti:20170421195742p:plainf:id:kazakuti:20180324225208p:plain)

 

 ≪個体紹介≫

f:id:kazakuti:20180324224422p:plainゴツゴツメット

性格:腕白

特性:砂起こし

実数値:215(252)-132-187(↑252)-×-93(4)-67

技:地震/氷の牙/怠ける/欠伸

A特化の剣舞→ミミッキュZを耐えるためにHB特化にしました。

技構成に関しては一般的なゴツメカバなので特に意図はありません。

選出率 10/11

 

f:id:kazakuti:20180324224428p:plain@メガストーン

性格:意地っ張り

特性:肝っ玉→親子愛

実数値:191(84)-194(↑252)-125(36)-×-122(12)-136(124)

技:猫騙し/捨て身タックル/地震/冷凍パンチ

ガルーラを軸にするに際して良い調整はないか探していたところ(http://irohapoke15.hatenablog.com/entry/2018/01/28/195031)のHDラインが構築に合っていると感じたのでHD調整を拝借して来ました。

親子愛の弱体化で火力不足が否めなかったのでA特化にして、Sは陽気ガッサ抜きで甘えているレヒレなどの上を取りたかったので陽気ガッサ抜き抜きにしました。

そして余った分をBに振りました。

技構成に関してはギルガルドに安定した打点を確保するために地震を入れ、構築経緯にも書いたように運勝ちを狙うために冷凍パンチを入れました。

不意打ちや炎のパンチを切っている弊害ももちろんありましたが、それ以上にこの技構成の方が勝ちやすかったので今回は切りました。

選出率 7/11

 

f:id:kazakuti:20180324224841p:plain@水Z

性格:控えめ

特性:ミストメイカー

実数値:151(44)-×-136(4)-156(↑212)-151(4)-136(244)

技:ハイドロポンプ/ムーンフォース/凍える風/瞑想

ガルーラと同時に選出することが非常に多かったのでSラインを揃えて相手とのS関係をわかりやすくして動きやすさをある程度は確保できるようにしました。

凍える風と挑発でどちらを入れるか悩みましたが今回は様々な場面で安定択になりやすい凍える風にしました。

選出率 7/11

 

f:id:kazakuti:20180324224546p:plain@気合いの襷

性格:控えめ

特性:炎の身体

実数値:161(4)-×-85-205(↑252)-125-152(252)

技:大文字/ギガドレイン/めざめるパワー(氷)/蝶の舞

相手のナットレヒレなどの並びを崩すためにギガドレインを入れました。

他の技や努力値に関しては一般的な襷ウルガなので特に意図はありません。

選出率 4/11

 

f:id:kazakuti:20170421195742p:plain@食べ残し

性格:呑気

特性:ビーストブースト

実数値:203(244)-123(12)-166(↑220)-127-124(20)-74(↓12)

技:ヘビーボンバー/火炎放射/宿り木の種/守る

構築経緯にも書いたようにカバルドンへの役割集中を防ぐために2枚目の物理受けとして採用しました。

調整をどこかの記事から拝借して来たのは覚えているのですが、肝心のその記事が探しても見当たらないので調整先はわかりません。

選出率 3/11

 

f:id:kazakuti:20180324225208p:plain@拘りスカーフ

性格:臆病

特性:ビーストブースト

実数値:185(4)-×-67-179(252)-151-170(↑252)

技:パワージェム/ヘドロウェーブ/草結び/ステルスロック

カバリザの並びを意識して草結びを入れています。

実際に打つことはほとんどありませんが“◯◯があれば勝っていた”という場面もなかったので草結びのまま使っていました。

他の技や努力値に関しては一般的なスカーフロイドなので特に意図はありません。

選出率 2/11

 

 ≪感想≫

色々な方にこの構築を見てもらったとき真っ先にカグヤロイドが云々という感想を頂きました。

しかしここまで見てもらえばわかるようにカバガルを軸に組んでいる際に偶然出来た副産物であって選出率は決して高くありません。

ただ相手視点ではこの並びが気になって仕方ないらしく、知らずの内に相手の選出を歪ませることに貢献していたようです。

このような偶然も相まってまともに戦えるカバガルが組めたのではないかと思っています。

 

≪終わりに≫

ここまで閲覧ありがとうございました。

何か質問等があれば@Msrmt_までお願いします。